×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Depressing Claim

90年代中期から、後期あたりまでにかけて活動していたスペインのポップパンクバンド
スペイン語による早口のような独特なボーカルに加え、(これがまた青臭くて最高なんだ。)
Ramonesを基盤として、サーフ色を取り入れたメロディアスでスピーディなサウンドが特徴。

解散後はLuisとShock TreatmentのメンバーでもあるCokyがPrototipesを結成など。

Radio Surf

Radio Surf

スペインのポップパンクレーベルNo Tomorrowから1996年リリースの1st
全曲タイトル、ジャケからも分かる通り、サーフ色を取り入れた海サウンドに、
スピーディーでタイトなラモーンパンクという感じになってまして、ポップパンクファン感涙です。

スペイン語による早口気味なボーカルが生み出す抜群のスピード感は素晴らしく、
速いラモーンポップパンクが好きな人は絶対に気に入るかと、あとはSlug等もスペイン語でカバーして欲しかったかな。

Notes:

Sound of the Day