×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Driveway Speeding

イギリスはベイジングストークの3ピースメロディックパンクバンド
Ex-Ranger Smithのメンバーを中心として2004年くらいに結成かな。
暗く湿った哀愁溢れるメロディアスなギターとしゃがれたボーカルが味わい深いUK期待の新星…

と思いきや、2007年に解散してしまいましたとさ。

Reasons Are Not Answers

Reasons Are Not Answers

Crackle Recordsから2005年リリースのデビュー作CDEP。
落ち着いたJezのしゃがれボーカル、哀愁溢れるドライビングギター。
影のある寂しげながらもパワフルなサウンドはHooton 3 Carあたりの先人メロディックパンク
の遺伝子を受け継いだ正統な後継といった所でしょうか、なかなか渋くてカッコいいのです。

恐らくこれが彼らの最初で最後の単独音源だと思われます。
収録曲は7曲と少ないし、なんといっても"地味"ですがメロディを第一にした楽曲はなかなか味わい深い。

Notes:

Sound of the Day