×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fifth Hour Hero

90年代後期から2007年までに活躍したカナダの男女混成メロディックパンクバンド
哀愁漂うメロディックなギターに加えて、メンバー唯一の女性であるGenevieveの
張りのある艶っぽいボーカルとなんとも苦しそうな男性ボーカルによる絶妙な掛け合いが特徴。

2006年には来日を果たすも、翌年には地元ケベックでのギグを最後に解散、惜しいなぁ。

Gunmoll/Fifth Hour Hero [Split]

Gunmoll/Fifth Hour Hero

No Ideaから2002年リリースのスプリットCD
お相手はフロリダのメロディックパンクバンドGunmoll
Fifth Hour Heroは11曲中5曲を提供、何故か音が1stよりくぐもってなくてクリアな感じ。
収録曲5曲とはいえ1曲3分半〜4分半と、それぞれが長めで気合入ってますね。

何故か妙に苦しそうな男性ボーカルと艶っぽい女性ボーカルの掛け合いや、
暗く淀んだ哀愁メロディがなんとも切ない。全体的に見るとGunmoll側に押され気味ですが、
女性ボーカルをフィーチャーしたReticent To Romanceはなかなかの出来です。

Scattered Sentences

Scattered Sentences

No Ideaから2003年リリースの1stフルレングス
ギターの掻き鳴らす切なげなメロディに、Genevieveの張りのあるボーカルが堪らないですねぇ。
速さに頼らない、メロディを真に大切とした曲作りが非常に好印象なNo Ideaホープの佳作。
曲単位ではCut Me Dead,Dancing on Your Kneesあたりが個人的にはお気に入りです。
中でもGoodbye All Regretsの哀愁メロメロギタァ進行→合唱コーラスは最高、名曲ですな。

You Have Hurt My Business and My Reputation Too

You Have Hurt My Business and My Reputation Too

No Ideaから2003年リリースの4曲入り7Inch及びCD
1stから半年も間を置かずにリリースされたCDEPですが、ポップさを加味したサウンドの完成度は非常に高いです。
特に演奏の厚みが増していて聴きやすくなってますね、1,2曲目なんか1stのどの曲よりもとっつきやすいかも。

Not Revenge... Just A Vicious Crush

Not Revenge... Just A Vicious Crush

No Ideaから2006年リリースの2nd、アルバムとしてはこれがラストかな。
全ディスコグラフィー中でもこれは、抜群に通して聴きやすい音源ではないでしょうか?
なんと言っても今作でFHHは大転換というか、従来の哀愁メロディにポップさが大幅加味されてまして、
中でもMy Sympathiesは、これまでにはなかった軽快でポップな曲になっています(それでもサビは哀愁メロディ)
更に磨きがかったメインボーカルのGenevieveと男性陣のコーラス、特にDivorceのボーカル掛け合いなんてもう最高!

抜群のポップセンスに掻き鳴らす哀愁ギターがメリメリとツボを突く傑作!
何はともあれ、このアルバムから入るのがオススメです。

Notes:

Sound of the Day