×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Four Star Alarm

The Story So Far、The Bomb、Horace Pinker等に在籍したシカゴメロディックパンク
を縁の下から支えるギラギラメロディックギタリストJeff Dean率いる新バンド。
ドラマチックで扇情的な曲進行に搾り出すように歌うTheodore Mossの青臭いボーカルが乗った、
若手には負けんとばかりのパワフルなシカゴオヤジのエモーショナル/メロディックパンクバンド!

Four Star Alarm [SelfTitled]

Four Star Alarm

2006年にThick RecordsからリリースされたCDEP
これまでのJeffのキャリアの集大成ともいえる大げさなまでのギラギラしたドラマティックなギター、
更には伸びやかで力強く、透き通った青臭いTheodoreのボーカルの強力な2つの要素が合わさった、
エネルギッシュなサウンドは近年のSamiam辺りを思わせますね、いやもうホントカッコいいです。

伸びやかなボーカルを生かした1曲目Waste Away、哀愁漂うメロディから終盤のJeff節全開の転調が何ともいえない
ラスト5曲目Impenetrableを含む全5曲、クリアなサウンドに込められた熱さが胸にしみますな。

Tilted/Cities In Dust

Tilted/Cities In Dust

Underground Communiqueから2007年リリースの7Inch
TiltedはSugarのBeasterに収録された名曲のカバーですね、なるほどHusker Duをフェイバリットに挙げるだけあって、
原曲のテイストのままなのですが、ほんの少し加えた彼らなりの青臭い味付けがされていて見事です、ナイスカバー。
新曲のCities In DustはCDEPのままの相変わらずのエモーショナルなメロディックパンクといった感じ。

ちなみにA面片面プレスでB面にはエッジングアートがされています。

Notes:

Sound of the Day