×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

The Midways

カナダはトロントの4人組ガレージ/パワーポップバンド、結成は2001年かな。
60'sガレージのザクザクとしたロックンロールを基盤に、モダンなサウンドアプローチ、
大胆にフィーチャーされたオルガンと荒々しいギターの鳴り響くダンサブルなサウンドが爽快!

オルガン奏者のPeterとベーシストDaveの2人で、ほぼ大体の作曲を行っているようですが、
サウンドは殆どの部分で共通しており、方向性のブレもなくクオリティの高い楽曲を聴かせてくれる。

Manners, Manners

Manners, Manners

2007年ドイツのScreaming Appleからリリースの2ndフルレングス
安心の老舗Screaming Appleからまさかのリリース、う〜ん大出世かもしれないぞ、The Midways。

軽快なオルガンを取り入れた、60'sガレージスタイルのロックンロールサウンドが相変わらず最高です。
オルガンが張り切ってる、バカ陽気なThe More You Takeや、お約束な進行が愛しいJust My Kindなど、
Daveがなかなか良い曲書いてますねぇ、ギターのJohnとDaveの共作のStuck In My Headもなかなか良いですし。
Mike Mazzarella率いるパワーポップバンドThe Rooksのカバーも華を添える好盤、S.Appleも伊達じゃないです。

Notes:

Sound of the Day