×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Nancy

USニューヨークはビンガムトンのポップ/メロディックパンクバンド。
適度な速さ、メロディックな楽曲、合唱スタイルのツインボーカル等が印象的。

結成は2002年くらいかな、彼らの1stEPの頃のサウンドはイーストベイ的なポップパンクでしたが、
後のアルバムではJawbreaker辺りを思わせる、哀愁漂うメロディックパンクバンドに変化しています。

Snakes on an E.P.

Snakes On An E.P.

Idiot Recordsより2006年リリースの単独1st 7
前述の通り、本作はイーストベイ的な野暮ったいポップパンクサウンドが特徴、
畳み掛けるスピーディな荒い演奏が特徴的なCalculated Riskは中でも一番その傾向が強いかな。

どこか野暮ったいパワフル、キャッチーな合唱スタイルのツインボーカルが気持ちイイ、傑作!

New York vs New Jersey Punk Rock Battle Royale! [V.A]

New York vs New Jersey Punk Rock Battle Royale

Crafty Recordsから2007年リリースのV.A
計8バンド、それぞれ2曲ずつ合計16の未発表曲を収録した贅沢なV.A
Nancyは1st EPの延長線上的ラフポップパンクの佳曲Excellent Adventureと、
哀愁漂うメロウなBogus Journeyの2曲を収録、1stEPが気に入ったならこっちも聴いてみるといいかも。

Ergs、Unlovables、Steinways、Lemuriaなど、他の収録バンドも豪華なオススメのV.Aです。

The Fear of Missing Out

The Fear of Missing Out

SexCellsより2007年リリースの1stフルレングス
これまでの音源に比べて、シリアスなメロディックパンクサウンドに転換したNancy、
哀愁溢れるメロディックなリフと、それに合わせて変化したボーカルスタイル、
サウンド面は大幅な変化をさせるも、相変わらず良い曲書きますねぇ。

これまでのポップパンクテイストも含めて消化させた表題曲から、メランコリックなナンバーまで、
様々なサウンドがごった煮状態、Dead Mechanicalと共に2007年USメロディックパンクを代表する名盤でしょう。

Notes:

Sound of the Day