×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Sicko

90年代初期から後期頃までに活躍した、アメリカはワシントン、シアトルの3ピースポップパンクバンド
ガレージっぽいざらっとしたギターに爽やかなボーカルと軽快なメロディは今も色褪せる事なく、
活動期間こそ、それ程長くないものの彼らがシーンに残していった物は計り知れないかと思います。

同じシアトルが地元という事で、お馴染みKurt Blochが録音やリリースなどに協力していたようです。
また、96年と98年、2度の来日経験あり(Husking BeeとかSprocket Wheel辺りとまわってた)

Sicko/Mr.T Experience [Split]

Sicko/Mr.T Experience

1993年Top Drawer Recordsからリリースされたスプリット7Inch
お相手はイーストベイ〜Lookoutポップパンクを代表するMr.T Experience。
Sickoサイドは80 Dollarsを収録、ポップガレージパンクの名曲ですな。

98年eMpTyから待望(?)の再発がされた、画像はリイシュー盤。

You Can Feel the Love in this Room

You Can Feel the Love in this Room

94年eMpTy Recordsからリリースの1st
彼らのスタイルはもう既にほぼ完成しており、アルバム自体も1stからもう最高の出来
軽快かつ絶妙なテンポに陽気なメロディー、加えてこの手のバンドとしては独特なザラっとしたギターがステキすぎます。
Sickoの音源は基本ハズレがないのですが、ベストを選ぶなら僕はこの1stですね。

そして、ポップパンクファンお馴染みのプロデュースMr.Kurt Bloch,録音Egg Studio
リリースはCDとVinylですが、アナログ盤にはASideにPain in the Assがボーナスとして収録されています。

Laugh While You Can Monkey Boy

Laugh While You Can Monkey Boy

95年eMpTy RecordsとParasitesなんかのリリースもしたスペインのMunster Recordsからの2nd
前作より若干演奏が弱くなったのか、アルバム全体の勢いが他に比べ弱い印象。
もちろん悪くはないんだけど、次のアルバムや前作に比べると若干評価が落ちるかなぁ、
それでもSicko屈指の名曲Bad Yearが収録されているのはかなり大きいですね。

Chef Boy ru Dumb

Chef Boy ru Dumm

脅威のペースで95年eMpTyからリリースの3rd
2ndと同じ年のリリースだっちゅーのに音質も演奏も良くなってますよ、なぜでしょう?
こちらは1st程ではありませんが、全体のテンポも速くなっています(1stが特別速いだけなんですけど)
Don't Ask Don't Tellみたいな速くてポップな曲がやっぱり僕は大好きなんですよねぇ。

Real Cool Recordsからの日本盤にはMTXとのSplitから80 DollarsとRainy Day Song(これのみに収録?)
がボーナスと収録されています、アナログ盤は今回もMunsterからのリリース。

You are Not The Boss of Me

You are Not The Boss of Me

eMptyより97年リリースの4th、トイズ傘下のPizza of Deathからの日本盤もあり。
これが最後のアルバムかな、相変わらず独特のザラついたギターに爽やかなメロディーが素晴らしいですねぇ、
アルバム全体を通して聴きやすく、とっつきのいい構成も相まって個人的にもかなり聴きこんだ作品です。

日本盤にはHusking Beeのカバー、8.6がボーナスで収録(本家よりカッコいいぞ、流石!)
Crackle盤(イギリス)にはMisfitsのカバー、Astro Zombiesがボーナス、どちらも他の音源には未収録。

More Bounce To The Ounce [V.A]

More Bounce To The Ounce

Lookoutから97年リリースのV.A
2枚組みLPにJoe Kingの人脈による22組のバンドが2曲ずつ(若干例外あり)提供してるんですが、
どれもポップでいて、なんて素晴らしい音源なんでしょう、墓まで持ってけ!

Sickoは4thアルバムにも収録されたHipster Boyfriendと未発表曲Escape Velocityを提供。
どっちも似たような曲なのはご愛嬌として、どちらもつんのめった様なスピーディな曲展開がなかなか。
ついでにEscape VelocityはBrief Caseにも収録されていますね。

A Brief History of Sicko [Compilation]

A Brief History of Sicko

Sicko解散後、2000年にMutant Popからリリースされた編集盤
これまでの7インチ収録曲等に、ライブテイク(解散前最後の98年8月6日地元シアトル)
更には豪華ブックレット(かなりボリュームあります)を加えたSicko最後の記念リリース。

Notes:

Sound of the Day